« 平塚デビュー | トップページ | 読めてしまったよ »

2006年4月 4日 (火)

J2第6節 湘南0-1鳥栖

2006年4/1(土)14:04平塚競技場

   湘南 0-1 鳥栖

      得点 (鳥)60'新居


公式記録

前述のように管理人が今季初めて観戦したホームゲーム。
正直な感想は「何やってんだよ!」です。

管理人は、内容がグダグダな試合では試合後の選手の挨拶に対して拍手をする気も起きません。この試合に限らずね。
選手は一生懸命頑張ったんだからそれを讃える拍手はすべき、という意見もあるだろうけど、管理人は「プロなんだから一生懸命やるのは当たり前だろ。プロならそれ以上の内容を求められるものだろ」という考えです。(もちろん選手への拍手を邪魔する気は全くないです。それは個人個人で違うものですし)
逆に負けてもいい内容であるならば惜しみなく拍手を送ります。
今回は、とてもじゃないけど拍手できませんでした。

開始早々は、「鳥栖、なんだこのサッカーは」って思ったんですよ。
バラバラ、ボールが落ち着かない、何をしたいんだ?って。
そしたら鳥栖の鬼プレス(3人がかりでプレスかけてくるんだもん)に段々湘南の方が乱されてパスが通らなくなって...もうあとはバラバラが湘南に移ってしまった感じ。

なんなんだろ、あの息の合わなさ、パスの通らなさ。
焦りなのか力が入っているのか、シュートは枠外。
中盤からFWにボールが行かず。あれじゃ横山も気の毒よ。

それとなんだか左からの攻撃にこだわっていたような。
須田がね、右でフリーでいて呼んでいるのに左なんですよねぇ。
で、左の尾亦が調子悪くて。どうしてだ?なんで右からいかないんだ?
尾亦ももっと開いたりすればいいんだけどなぁ。

キャプテンも望さんもイマイチ。
一番良かったのは伊藤さんですね。彼のセーブがなかったら、あと3点くらいとられていたろうなぁ。

失点は思いっきりユンに裏をとられて突破されて新居にピンポイントでパスが通りシュート。
あの時、DF、足止まってましたよ。オフサイドとかのセルフジャッジをしてる場合じゃない。
あれじゃ伊藤さんも防ぎようがないですよ。
前半の、山城のだっけ?ポスト直撃のシュート。あれだって「助かった」と思いましたよ。

うん、どうも守備も攻撃もちぐはぐで、やるべきことができなかったと感じますね。
どうしたらいいんだろ。
正直、今の固定されてるメンバーにテコ入れすべきと思うんですが...
でも次の試合まで中3日、その次は中2日。
これで代えていくのも大変なのかなぁ。う~~ん。

次回はもっともっと活気のある、意志の見える試合が見たいです。

« 平塚デビュー | トップページ | 読めてしまったよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J2第6節 湘南0-1鳥栖:

« 平塚デビュー | トップページ | 読めてしまったよ »

WILL TO WIN

  • HOME

  • Total sweet candy 無料カウンタ
    Today sweet candy 無料カウンタ
    Yesterday sweet candy 無料カウンタ
フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント