« 地元新聞 | トップページ | 負傷 »

2006年7月15日 (土)

J2第27節 水戸3-2湘南

2006年7月12日(水)19:04笠松運動公園陸上競技場

   水戸 3-2 湘南

     得点 (水)53'大和田、80'桑原、89'眞行寺
         (湘)27'佐藤、89'石原


まずはメンテナンス期間中に記事作成もコメント・トラックバックもできなかったことをお詫びいたします。

今日は管理人の住む辺りは体温くらいの最高気温となりました。
道産子管理人には黙っていてもハードです。
この水戸戦当日はそれほど気温はなかったものの気温27.2度、湿度86%。
スカパー!で解説の瀬田さんが「サウナ状態ですね」とおっしゃってましたがまさにその通り。
黙ってるだけで汗がどんどん出てくる、笠松にしては珍しい状態でした。
そんな中でのプレー、かなり負担がかかったかと思われます。

試合の方は...う~ん、結果的にキーマンは大和田だったなという感想です。
退場しましたがそれはおいといて。
前半、水戸ってパッとしなかったんですよね。むしろ湘南の方のペースかなと。
佐藤がうまいFK決めた時は、正直これで決まっちゃったかなと思いました。
なんてったって、去年2試合「89分佐藤悠介のFK」で試合が決まりましたから(^^;。

でねぇ、水戸を見ていて感じるのは「感情が見事に表れるサッカー」なんですよ。
サッカーというかプレーというか。
失点するともうどうしていいかわからずシオシオ。
でも得点すると俄然張り切ってイケイケモード。

この試合、後半に大和田が思いきって狙って打って見事なシュート決めて、それでみんながノッちゃった感じがあるんですよね。途端にメンバー変わったか?というくらい、やる気も内容も変わっちゃいました。
大和田が退場したら今度は水戸ゴール前での「水戸ナチオ」炸裂だし。
そういう意味で大和田がキーマンかと。

でも考えてみると第2クールの平塚でも小椋と金基洙のとんでもないミドルで水戸がイケイケいい気分になってそのまま...だったわけで。同じコト繰り返したのかなとも思います。
水戸をノセちゃダメですよ。


ここ数試合の湘南を見ていて感じるのは、守備の弱さと決定力不足。
守備はなんというか、おとなしさ、物足りなさを感じます。
田村が体を張って止めているけど次節は田村いないわけでしょ。どうするんだろ。戸田かトノさんか。
大神日記見て改めて思ったけど村山はなぜ出ないのか。
セットプレーにも弱いような。草津戦でも佐藤正美を放しちゃったし、今回も桑原のFKの時の壁ってあれでいいのかなとスカパー!を録画したのを見てちょっと感じました。
それと眞行寺の得点の時、なんで誰も止められなかったの?
本気出して止めにいったと感じられなかったんですよ。
心のどこかで「今日は引き分けか」と思ってませんでしたか?
(正直言うと管理人もそう思ったし)
それと城定が右ストッパーというのは妙に違和感が...。

決定力はねぇぇ...とにかくシュート数は多いでしょ。
この試合だって15本だもん。
でも枠内が少なくありませんか?だから得点に結びつかない。
シュート打つのはいいことだけど、精度を求めてしまいます。
難しいですけどね。

よかったのは佐藤・石原かな。
石原のヘッドの打点の高さにビックリ。
その石原のアシストが望さんでしたが、そこにパスを出した佐藤のうまさに「うわ、うまい!」と思いましたよ。
そしたらドッカ~ンでした(^^;

正直、水戸サポも言っていたんだけど「菅野さんサッカー」だなぁと。
でも、あのサッカーするには守備にも力をいれなければと管理人は思うんですよ。
強固な守備があるからこそ、サイドからもどんどん展開できていく。
おもしろいサッカーになる。
それが課題かなぁと感じています。洙洙

« 地元新聞 | トップページ | 負傷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J2第27節 水戸3-2湘南:

« 地元新聞 | トップページ | 負傷 »

WILL TO WIN

  • HOME

  • Total sweet candy 無料カウンタ
    Today sweet candy 無料カウンタ
    Yesterday sweet candy 無料カウンタ
フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント